京都岡崎・白川沿

竹中精麦所跡

OUR PLACE

​大正期の精麦所跡

京都岡崎の白川べりに佇む旧竹中精麦所. 大正3年創業、疏水から水車を稼働させる為の水路が直接ひかれたその場所は、時の中に忘れ去られ、老朽化し朽ち果てかけておりましたが、京都近代産業歴史の継承と未来へのより良い環境づくりの為、リノベーションを施し、2019年3月に文化サロン&カフェ「時忘舎」として新たに歩み始めました.

かつて工場だった建物は構造を変えず、100年前の梁、柱の一部を残しつつリノベーション. 西洋文化が日本に入ってきた当時の「和洋折衷」をテーマにしどこかノスタルジーを感じる空間へ.

生きながらえた建物の歴史を感じていただきながら、緑を見て寛いでいただけるよう、植物も沢山とりいれています.

​店内からは庭の柳の木やハーブ類、桜の季節には対岸の桜並木が眺められます. テラスは勿論、室内の洋風の空間、土壁の「和」を感じる空間が広がり、お好きな席でお過ごしいただけます.

AS A CAFE

空間と飲食を​

愉しむ

ごゆっくりと歴史、空間を楽しんでいただきたいという願いを込めてスタートしたカフェ. ご飲食いただきながら、

大切な方との語らいもよし、一人読書をするのもよし、豊かな時間をお過ごしくださいませ.

AS A CULTURAL SALON

文化に触れる

我々の中に受け継がれている文化. それらを日常で気軽に楽しんでいただけるよう折々にイベント開催しております. ご興味のあるイベントに是非ご参加ください.

仁王門通りから白川べりを三条通りの方向へ下った道沿いに突如開ける時忘舎の庭.

​景観を乱さないよう、木製の看板を設置しています. 散策途中に是非みつけてください.

〒606-8344

TEL: (075) 751-5678 

京都府京都市左京区岡崎円勝寺町56-1

©2020 by Jibohsha.